薬剤師転職信頼ランキング【最新版】2016年3月のおすすめ

LINEで送る
Pocket

信頼出来る薬剤師転職サイト
 
薬剤師専門の転職支援サービスを選ぶ際に、その薬剤師転職サイトが信頼出来るかどうかという判断基準を持つことは重要です。薬剤師の転職活動時に希望に叶う求人がその転職サイトにあることが大前提となります。薬剤師転職信頼ランキングのBest3の厳選された薬剤師転職サイトは、調剤薬局、病院・クリニック、ドラッグストア(調剤併設)、ドラッグストア(OTCのみ)だけでなく、CRA、CRC、QA、QC、DM、製薬企業・管理薬剤師、MR・MSなどさまざまな職種の求人情報を保有しています。
2016年3月のおすすめとして、転職業界でトップの情報ネットワークを持つリクルートグループの「リクナビ薬剤師」、薬局チェーンで全国トップのアイングループ・メディウェルの「薬剤師転職ドットコム」、高給与求人の多い日本超剤グループの「ファルマスタッフ」をおすすめします。

薬剤師転職信頼ランキング【最新版】

 

ランキング第1位リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師
 公式サイトへ
ランキング第2位薬剤師転職ドットコム
薬剤師転職ドットコム
 公式サイトへ
ランキング第3位ファルマスタッフ
ファルマスタッフ
 公式サイトへ

 ◎薬剤師の仕事

薬剤師のお仕事は、病院の薬局から、調剤薬局、街の薬を販売している薬局から、ドラッグストア、薬品会社などが主な仕事場となります。
薬剤師として働いていくためには、薬学部などにて薬に関することをしっかりと学び、国家試験に合格した者のみが薬剤師として働くことができるため、薬剤師として働くためには、専門の大学や専門学校にて学ばなくてはならないため、高額な学費が必要とはなってくるものの、薬剤師としての資格を習得することによって一生にかけて働くことができる資格であり、医療に携わることができる仕事でもあるため、薬剤師のお仕事は人気となっています。
また、薬剤師のお仕事が人気となっている理由には、病院が開いている朝の9時から夕方の五時までが勤務時間となっていることが多く、病院では土日が休みとなっていることが多くなっているため、調剤薬局や病院の薬局での勤務であれば、土日や祝日は休みとなっていることが多いため、休みがしっかりととることができながら、勤務時間もしっかりと決まっているので働きやすいという魅力があります。
薬品会社での勤務であれば、薬品に関する知識をいかしながら、新しい薬品の開発に携わることができたり、薬を必要としている人のために働くことができたり、ドラッグストアでの勤務であれば薬剤師の人材が必要とされている現場が多いため、楽しみながら働いていくことができたりと、薬剤師のお仕事はいつの時代も必要とされている仕事となっています。

◎薬剤師の人材

薬剤師が活躍できるドラッグストアでは、薬剤師の必要性が問われている所も多く、薬剤師という職業は認知度も高く、必要な知識を持った人材であるということが知られていましたが、薬事法の改正にともない、薬剤師ではなく登録販売者という資格を持った者であれば、市販されている薬を販売することができるようになったため、店舗に何人者薬剤師を雇うということをしなくても、ドラッグストアの営業をしていくことができるようになったため、薬剤師の存在の価値がなくなってしまうという問題がおきただけではなく、ドラッグストア側の経営者からすると、薬剤師を雇うための賃金よりも登録販売者を雇う方が支払わなくてはならない金額が安くすむことや、薬剤師の資格を持 っている人材は限られてくるため、登録販売者の資格を持っている者の方が必要な人材を見つけ出すことができるため、薬剤師を積極的に雇わないといったドラッグストアも増えてきてしまいました。
また、働く側の薬剤師からしても、ドラッグストアで働くということは、ドラッグストアでは調剤薬局が併設されているドラッグストアもありますが、市販されている薬を販売しているだけではなく、日用品や化粧品、食品などの商品を販売している店舗も多くあるため、せっかく薬剤師の資格を持っているのに、資格を活かすことできないと考えてしまう薬剤師も多くいるため、ドラッグストアで活躍したいと考える薬剤師の数も減ってきているという問題があるようです。

(薬剤師転職信頼ランキング【最新版】2016年3月のおすすめ)